15: 2009年追加分 (12点)

あえのこと
「あえのこと」は毎年12月5日に、奥能登一円の農家で行なわれていて、田の神様を自宅に招いて、今年一年の収穫に感謝する田の神様の祭です。
 真心をこめて作ったごちそうを盛ったお膳を、神様にお供えします。
あえのこと
田の神様は、その家でゆっくりと越年されると信じられており、その後「田の神送り」と言って、2月9日に再び同様の「あえのこと」が行なわれます。
垂水の逆さ滝
冬の能登の海からの強風で、滝の水が天に向かって流れます。一年に数回しか見れません。
あぜの万燈会
千枚田のあぜに2万個のロウソクを並べます。とっても幻想的な世界が見れます。。
マリンタウン
マリンタウンが整備され、入り口ではヨットがお出迎えしてくれます。
マリンタウンには、大型客船も停泊できるそうです。
あまめはぎ
アマメとは、囲炉裏の傍で座ってばかりいるとできる座りだこのことです。天狗や猿の面をつけた一行が、「怠け者はおらんか〜」と家々を回り、子どもの怠け癖を戒める祭りです。
神主舞
神主舞は、神職らが飛び跳ねるように舞う基本を継承しながら、自由な形を加えて春が来た喜びを込めて舞う。
面様年頭
男面と女面をつけてペアを組んだ小学校6年生が、無言で各家々を回ります。各家では丁寧に迎えられ、神棚の前に座り、主人から年賀の挨拶を受けます。
恵比寿講
漁業の神様、恵比寿様が漁業豊漁を願い各家々を回ります。
石休場の手弱女桜
京都の平野神社に同じ桜があります。
ホタルの乱舞
輪島には、沢山のホタルの群生地があります。
6月から7月にかけて全盛期です。
ぞんべら祭り
拝殿の一角を水田に見立て、種まき、牛飼い、田植などを演じる「なり祝い」という芸能を奉納し、豊作を祈ります。

▲ ページ上部へ